Narromine遠征 2017 DAY14

Day-14のデイレポをお送りします。
本日は新たに2人のFIRST SOLOがありました!!

↓1人目はSo-chanから。↓

こんばんは。東工大2年のSo-Chanです。おめでたいご報告があります!
本日、9月8日First Soloに出ることが出来ました!今回の遠征で3人目となりました。とても幸せな気分です。
ここ数日、静穏な時間帯で自分がフライト出来るよう、8時にLaunchして、その1発目を自分に回すスケジュールを仲間たちが組んでくれました。21時就寝、5時20分起床を繰り返して、グライダーのことだけを考える生活をしています。支えてくれる仲間たちに感謝の気持ちで一杯です。
上空では1人なんだと感じて興奮したり、少し寂しい気持ちになったり。Landing後はみんなが駆け寄って来て、達成感、安心感が込み上げてきました。記念すべき36発目になりました。
関宿、妻沼で少しは立派になった?姿をお見せしたいと思っています。お土産話一杯ありますよ!

東工大2年 井藤 蒼一郎

↓2人目はSotaから。↓

Sotaです。
ナロマインに来てから、飛行経験の豊富なJun,Motzma,So-chanのソロへ向けた想いを聞くうちに「自分もいつかはソロへ出たい。それもこのナロマインで!!」と感じていました。
飛行経験が浅い自分が1人で飛べるようになるにはどうすればよいのか。
自分が導き出した答えは「誰よりもイメージフライトを行う」ということでした。
「実際のフライト1回につき、イメージフライトは10回やりなさい。」
というShinzoさんのアドバイスがありましたが、
自分は「それでは、彼らに追い付けない。どうせなら彼らのフライトのノウハウを盗んで、それを糧にイメージフライトを100回くらいやれば、1年差の飛行経験なんてすぐ埋まる。」
そう考えて、毎日毎日ゲストハウスの庭に出て、誰よりも長くイメージフライトをこなして来ました。(その為、Shinzoさんからは『イメージフライトの鬼』なんて言われたり…)
そして、ついに本日、9月8日
私,Sotaは初ソロフライトに出ることができました????
ナロマインに来てからは「1人で飛んでいる」という意識で飛んでいましたが、この初ソロでは「インストラクターが後ろに乗っている」という意識で飛ぶことで、ビックリするほど冷静にかつイメージフライト通りに地上に戻って来ることができました。
また、イメージフライトの効果は絶大で、テイクオフからランディングまでほぼ満足のいくフライトができました。
ここまで来るためにお世話になった、家族や友人、Shinzoさんを初めとしたインストラクターの方々、部活の仲間たちに改めて感謝を申し上げたいと思います。

本当にありがとう。

そして

これからの目標

それは

「全国大会優勝」

これに尽きます。

以上

理科大1年 山田奏汰

このエントリーをはてなブックマークに追加

Narromine遠征 2017 DAY14」への5件のフィードバック

  1. みなさん

    本当にいいTeamですね。
    6人の成果です。
    とっても嬉しいです。
    明日もDay-1です。

    Naoki

  2. So-Chan,Sota
    初ソロおめでとう!イメージフライトの効果は絶大ですね!お土産話を楽しみに待っています!

    11日から学習院大学への外人参加があります。Narromineでのみなさまの成果を見せてください!(疲労のマネージメントもフライトですので無理しないでね)

    Gishi

  3. Narromine Winter Session 2017は、大大成果が得られています!!
    これだけのソロ、ソロ連発はそう無いです。
    皆、輝いています!!

    日頃の心がけが、良いのです。
    今年の全員、チームワーク素晴らしい。強いチームになります!!

    ナロマインはいいでしょう。私の気持ちが昂ぶるのを覚えます。

    大きくなった皆さんとの関宿での再会が楽しみ!!

     <64年 伊藤勝利>

  4. みなさん、すごいですね。
    井藤さん、山田さんおめでとうございます。
    日本に帰ってきて一緒に飛ぶのが楽しみです。
    あと一日ですが、初日に帰って、安全に運航してください。
    津久井

  5. Narromineの皆さま

    理科大 Yumiです。
    So-Chan、Sota、ファーストソロおめでとう!
    これまで4人もソロに出て、本当にすごいと思います。
    帰ったらいろいろ話を聞かせてください。楽しみに待ってます。

コメントを残す