Estrella遠征 2017 Vol.19

東工大のShunです.
先日,ライセンス取得に必要な試験3つ(筆記・口述・実技)の内,筆記試験を受験して私も黒岩も合格しました.まずは第1関門突破で一安心です.ちなみに,スコアは100点満点で私が95点,黒岩が78点でした.私は目標点は超えれたので満足です.大学の成績もこのくらい良ければ・・・

また今日黒岩が無事30thソロにたどり着きました.彼はちょうど2週間前に初ソロに出たばかりですが,さらに驚くべきはソロのフライト時間が17時間とこの地の条件を生かす腕も身についていることです.
私は27thソロを終え,こちらに来てからのソロのフライト時間はやっと11時間に届きました.ここに来るまでは経歴としては私が先行していましたがいつの間にか彼の背中を追っています.
実技試験も黒岩は次の火曜か水曜がいいんじゃない?と話し合う教官たちの情報も小耳にはさみましたので,皆様に良いニュースをお届けできるのもそう遠くはないと思います.
私はアウトランディングを想定した練習で「マーカーに接地後150m以内に停止する」(≒RWの長さが150mと仮定)という科目がうまくいかず少し苦しんでいます.すぐ隣に出来る人がいて若干悔しいところですが,落ち着いて頭の中でイメージフライトして明日もう一度挑戦してみます.

東工大グライダー部3年
深溝 舜

このエントリーをはてなブックマークに追加

Estrella遠征 2017 Vol.19」への2件のフィードバック

  1. Estrellaの二人

    筆記合格の話を聞いて安心しました。
    ライバル関係は自分の成長には最も効果的だと思います。
    もっとも、追う側追われる側は常に入れ代わり立ち代わりなので焦らずに。

    二人のgood newsを楽しみにしています。

    Shunta

  2. Estrellaの2人

    2人とも筆記試験合格おめでとう~!
    kuroより、shunの方が学科得点が良いなんて、日本での様子を考えると、ちょっと意外ですね。
    (shunの大学の成績は、落ちないギリギリの低空飛行を続けているんだったよね?笑。あ、kuroはもう何度か落ちていたから意外じゃないのか!(°▽°))
    ソロ発数も着々と重ねて、今回の目的であるライセンス取得に向けて順調なようで、良かったです。
    ちなみに、今回のNarromine Winter Sessionにて、僕はソロ18発(飛行時間31時間ちょい)で平均滞空時間が1時間半を超えました!(冬のナロマインも素晴らしい!)

    落ちるとか、落ちないとか、縁起でもないことを言ってごめんね!笑
    2人とも、SAFE and FUNで帰ってきてね。

    P.S.
    駿太、日本では関宿合宿があったようですね。駿太もソロたくさん飛んで、自家用実地に向けて着実に進んでいるようで良かった!

    Hiro

コメントを残す