Estrella遠征 2017 Vol.26

理科大Kuroです。

フェニックス国際空港からデイレポを送っています。
昨日はShunと共に単座機のSGS1-26Eをシェアしてフライトしました。午後からは条件も良く、二人とも9000ft以上の高度に到達することができました。
僕は雲へ吹き込むサーマルを使って雲底近くまでたどり着く事ができました。操縦を機体の安定性に任せて外を眺めたり、Estrella上空の風景を目に焼き付けたりと空のお散歩を満喫して下りてきました。
全金属機は重いイメージがあったのですが、1-26はとても軽くちょっとした気流の変化で翼を持っていかれます。その分サーマルが分かりやすいですが、あっという間にサーマルからはじき出される事も何度かありました。センタリングの技術を身に着けなければなりませんね。また、翼の前縁が自分の真横にくるので風切り音がよく聞こえ、左右の風切り音の差がはっきり分かりました。

帰国便がフェニックス国際空港を17日6時30分発の飛行機だったので空港泊か近くのホテルを取るつもりでしたが、声をかけていただいたので昨晩はAlizonaSoaringで事務員をされているDoyleさんのお宅にお邪魔させていただきました。
とても美味しいリブステーキをご馳走していただき、ちょっとしたホームステイ体験でした。
仮眠した後空港まで送って頂き、今に至ります。

この後はロサンゼルスで乗り継ぎの後、18日の午後に日本に到着予定です。

Hiroさん
Ka6の取り合いが激化しますのでよろしくお願いしますね!
アクロとても楽しかったです。ループ、ハンマーヘッド、ローパスをやってもらいましたがもっといろいろな技を体験したいです。
体験記、ぜひやりたいと思います。次回のEstrella遠征に生かせることも色々とあるので、残しておきたいですね。

Naokiさん
関宿、妻沼でお会いしましょう。早いうちにJCABへの書き換えをしておきます。

堀崎さん
アクロの操縦はもっとガツガツ大きく激しく動かすものだと思っていました。gentryな操縦はどんなフライトにおいても基本ですね。

室井さん
応援してくださってありがとうございました。オーラルの時間を見るととても長く感じますが体感的にはあっという間に感じました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す