年末年始Narronime Report vol.5-2

Soです。
朝からストレスに関するミーティングを行いました。ここ2年間で4件連続しているグライダー界の事故がストレスハイによるものだと考えるため、またストレスコントロールに関してここ数日で学んだことを客観的に捉え直すためです。
自分がストレスハイになってしまったこと、上空でそういった状態になってしまったならば意味するのは墜落です。ストレスを軽減させるという自分の課題に対してもっと追求しなければなりません。
1つ目に自分の世界にこもってしまうこと。自分は自分のペースを乱さないことが得意です。これは自分の性格です。きちっと物事を進めたいと考えるからです。ですがこれは悪く言えば全体を見ることができていないことだと言えます。Teamとして多くのことを学ぶべきということが理解しているつもりになっています。具体的には、ダイブブレーキの使い方について。昨日の自分のLandingは第4旋回後ダイブを少ししか開かない状態で着陸しました。それに比べてtomokaは一昨日にもっと大まかに滑走路の中に入れば良いと、ダイブ全開で降りてきました。自分の収穫と思って捉えてないからこそ、昨日の自分の中に変化を生み出すことができませんでした。
2つ目に先を読むこと。Optionを作るということにもつながります。ハンガーでの過ごし方を例に挙げれば、Tomokaは自分の好きなことをして過ごしましたが、自分は待ちと思ってストレスのかかるような状況を作っていました。もっと自分からCreationをしなければなりません。
この2つのことを整理して臨みたいと思います。

おはようございます。Tomokaです。今朝のミーティングで、一人前のパイロットになるために必要なことがクリアになりました。人のいいところを学ぶ。人の体験を自分の体験にする。ストレス軽減する方法を自分で探す。ポジティブマインド。人に言われたことをやるんじゃなくて自分で考える。オプションを複数持って外乱に乱されない。先読みをする。優先順位をつける。安全が第一。
昨日のフライトで、操縦桿を持つ手に力が入ったのはストレスハイが原因です。ストレスハイの状態で自分の持つ力が発揮できませんでした。外乱をただただ恐怖に感じるのではなく、どのようにフライトしようか先読みをする事でこのストレスを軽減できると思います。ただ肩の力を抜く意識をするのではなく、肩に力が入らないようにストレスをコントロールすることが自分に必要なことだとわかりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す