活動報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
航空部員のブログです。日々の報告等を部員たちがしてくれる・・・はず。

活動報告

年末年始Narronime Report vol.7

Soです。本日は、明日のウェザーが強風でノーフライトが見込まれるため、2日分のフライトを行いました。
今日のタスクは、ダイブブレーキ全開の状態で指定地着陸をすること。自分は指定地に降りることを意識するあまり、定点を見て一定のダイブブレーキ量で降りてきてしまっていました。以前のReportでダイブを少ししか使わず、危ないランディングになってしまったという話はこのことが原因です。
1発目は04発航11ランディング。昨日の2発目と同様にオレンジマーカーの間を指定地に設定しました。タスクは成功。実は昨日の夜にShinzoさんにダイブブレーキの使い方を絵に描いてもらいました。地平線を見て滑走路に入ることを確認してロックを解除して少し開ける、そこからダイブを大きく使って指定地まで降りてくる。そのことをイメトレに取り入れて実践できたことが収穫でした。
2発目はタスクだけを見れば成功でしたが、1人前のパイロットとしては失格でした。1点目は離脱の際に姿勢の修正に執着しすぎてしまったこと。2300ft離脱予定が2500ftになりました。Detailにとらわれてしまう自分の性格が出ていると指摘を受けました。2点目は11ランディングする際、次の発航のためエンドまで地上滑走してしまったことです。この時は飛行機が04ビッチマンに侵入していたため、相手に恐怖心を与えることになってしまいました。その後ミーティングでRalphさんやHiroさん、Shuntaさんから教わった、安全・ルール・環境把握・Air-man Shipのピラミッドの話をしました。タスクの技術にとらわれてAir-man Shipが欠けていました。
3発目はTomokaのフライトを1回挟んでからでした。Tomokaのフライト前には04の正対風が10kt近く吹いていたので、着陸するランウェイについて「迷ったら簡単な選択肢をとること」という話がミーティングでありました。Tomokaは04にランディングをして、自分が上空でウインドソックスを確認した時には、2発目と同じくらいのクロスウィンドだったので、04に降りるか11に降りるか悩みました。自分は先のフライトで11に降りていたことを考えて11に降りることにしました。でも振り返れば、出発前にもっとそういったOptionを考えておくべきだったなぁと思います。
4発目も11ランディングしたのですが、04グラスランウェイにタクシングしている機体があったこと、04ビッチマンに飛行機が着陸することを知って、11の真ん中よりも手間にランディングしました。2発目のことも考えてそうしたのですが、手前すぎて他のクラブの車に引いてもらうというご厄介になりました。ちょうど良いって難しいですね。
先に記述したピラミッドの話に加えて。朝のランウェイをウインドソックスを見て判断する際に、04に正対の風が吹いていているのにもかかわらず自分は36に行こうと考えていました。Decision Makingも自家用取得のためには求められるんだぞと言われました。自家用操縦士として必要なことを日々たくさん学んでいます。

Tomokaです。明日のWhetherから、明日は飛べないだろう、今日明日の分の飛んでしまおうということで2発飛びました。2発ともRwy04発航04ランディングです。自分の前にそーちゃんが飛んだあと風が04正体風10ノットに変わり、信三さんにどうするか聞かれたとき、自分で04に降りると安全側に判断ができたことが今日一番の自慢です。タスクは指定地着陸です。これまではRWYど真ん中に降りていましたが、一歩進もうとこのタスクを設定しました。1発目はチェックポイントにかなり高く入ってしまい、それが気になって早くダイブをあけてしまった結果吸い出しでダイブが開いた状態になってしまいかなり低くなってしまいました。また、降りる場所を意識しすぎていつもと見るところが変わってしまいました。2発目、少しの高度差なんて気にしない、ベースの幅や、最後はダイブで調整しようという気持ちで回るといつも通りRWYのスペースを見ることができ、ナイスランディングをすることができました。降りたいスペースの中に収まると、とても気持ちいいものですね。

年末年始Narronime Report vol.6

Soです。今日は朝から雨が降っていましたが、10時前には上がったのでフライトを行いました。滑走路には他団体がおらず、専用の練習場になっていました。
今日のタスクは2300ft離脱のサーキットを2度行なうことでした。ライセンス取得に必要なソロ発数30発まで回数を増やすためです。1発目、2発目と連続して発航して、両方とも04発航11ランディング。着陸はクロスウインドが吹いている状況でした。
自分は現在22発ソロフライトに出ています。1日に2回ソロを行うことは初めてでしたが、無事タスクをこなすことができました。ストレス軽減のためにも笑って、鼻歌を歌ったりもしました。
1発目のサーキットは、昨日の収穫からダイブをしっかり使って降りようと意識しました。このタスクは成功しましたが、着陸地点がショートになってしまいました。ライセンス取得のためにはもちろんことたりません。
2発目は距離250mの中に着陸することをタスクに加えました。具体的には、1kmある11ランウェイに6つあるオレンジマーカーの内、3つ目と4つ目の間で接地するということをタスクにしました。2発目はさっきはああだったよな、と頭にあって気象条件が同じ中修正したフライトの分、タスクをこなすことができました。修正するフライトならできますよね。でも、着陸後にエレベータをフルアップにできなかったり、ダイブブレーキを必要がないのにロックしてしまったり。また、自分が上空で1度も水を飲まなかったことを思い出しました。なんか抜けてしまったことがあるなぁと振り返るフライトでした。
午後はリラックスタイムをとりました。イメトレもせず、音楽を聴いたり、全裸でプールで泳いだり、昼寝をしたり。スイッチをオフにしました。明日も指定地着陸タスクです。

Tomokaです。今日はそーちゃんの時と風が変わって04発航04ランディングを行いました。タスクはリラックスです。どうすればリラックスできるか考えながら昨日のフライトを振り返ると、昨日は黙っている時間が多かったことを思い出しました。今日の工夫は2つ、機体に話しかけること(ただ声を出す、だと黙ってしまう時間ができるから)と、手にあるほくろの歌を歌う(操縦桿を正しく動かすと、常に自分と平行な線が引ける2点のほくろがあるんです!!)です。これによってリラックスすると同時に操縦桿の動かし方にも意識が行き、タスクを達成できました。ソロに出るずっと前に工夫できていたことが、目の前のタスクに意識がいってしまいできなくなっていたようです。初心に返ることで、タスク達成です!今日の曳航は「リクエスト、ぶん回し」でした。リラックスのおかげであまりぶん回されなかったなと思うほどでした。Ralphさんのアイデアが役に立ちました。ありがとうございます

写真を添付したいのですが、つい撮り忘れてしまいます。明日のレポートではお送りいたします。

年末年始Narronime Report vol.5-2

Soです。
朝からストレスに関するミーティングを行いました。ここ2年間で4件連続しているグライダー界の事故がストレスハイによるものだと考えるため、またストレスコントロールに関してここ数日で学んだことを客観的に捉え直すためです。
自分がストレスハイになってしまったこと、上空でそういった状態になってしまったならば意味するのは墜落です。ストレスを軽減させるという自分の課題に対してもっと追求しなければなりません。
1つ目に自分の世界にこもってしまうこと。自分は自分のペースを乱さないことが得意です。これは自分の性格です。きちっと物事を進めたいと考えるからです。ですがこれは悪く言えば全体を見ることができていないことだと言えます。Teamとして多くのことを学ぶべきということが理解しているつもりになっています。具体的には、ダイブブレーキの使い方について。昨日の自分のLandingは第4旋回後ダイブを少ししか開かない状態で着陸しました。それに比べてtomokaは一昨日にもっと大まかに滑走路の中に入れば良いと、ダイブ全開で降りてきました。自分の収穫と思って捉えてないからこそ、昨日の自分の中に変化を生み出すことができませんでした。
2つ目に先を読むこと。Optionを作るということにもつながります。ハンガーでの過ごし方を例に挙げれば、Tomokaは自分の好きなことをして過ごしましたが、自分は待ちと思ってストレスのかかるような状況を作っていました。もっと自分からCreationをしなければなりません。
この2つのことを整理して臨みたいと思います。

おはようございます。Tomokaです。今朝のミーティングで、一人前のパイロットになるために必要なことがクリアになりました。人のいいところを学ぶ。人の体験を自分の体験にする。ストレス軽減する方法を自分で探す。ポジティブマインド。人に言われたことをやるんじゃなくて自分で考える。オプションを複数持って外乱に乱されない。先読みをする。優先順位をつける。安全が第一。
昨日のフライトで、操縦桿を持つ手に力が入ったのはストレスハイが原因です。ストレスハイの状態で自分の持つ力が発揮できませんでした。外乱をただただ恐怖に感じるのではなく、どのようにフライトしようか先読みをする事でこのストレスを軽減できると思います。ただ肩の力を抜く意識をするのではなく、肩に力が入らないようにストレスをコントロールすることが自分に必要なことだとわかりました。

活動報告」への1件のフィードバック

  1. Ralph & Hiro

    良いスタートがきれたみたいですね。
    満足できなかっとことが、収穫でしょう。

    Na***

コメントを残す