活動報告

このエントリーをはてなブックマークに追加
航空部員のブログです。日々の報告等を部員たちがしてくれる・・・はず。

活動報告

12/8,9学習院合同妻沼合宿 活動報告

1年の細谷澄海です。今回は12/8,9で行われた妻沼合宿について活動報告したいと思います。

航空部として妻沼で合宿するのは6月以来半年ぶり、個人的には初めての妻沼合宿でした。ウインチ曳航時のオペレーション、妻沼滑空場でのオペレーション、学習院と合同のオペレーション。普段関宿でするオペレーションとは全く違ったオペレーションを経験でき、非常に実りのある合宿となりました。

12/8 早朝ランウェイに出てみると、栃木や群馬の山々がはっきりと見え非常にきれいでした。距離的にはグライダーで行くことが出来る範囲にあるので、「自分もいつかあそこまでグライダーで行ってみたい」そう思わせてくれるような光景でした。発航が始まると、パラシュートのセッティングや索とパラシュートをつなげる作業、ヒューズの色を確認して単索を出す作業など、ウィンチ曳航時の仕事を先輩方や学習院の方に教えてもらいながら一つ一つ覚えていきました。そうこうするうちにいよいよ自分の発航順が回ってきました。初めてのウィンチ曳航だったので、どんなものだろうとワクワクしていました。「いざ出発!」するとものすごい勢いで引っ張られ、あっというまに最高点しに達しました。「これがウィンチ曳航か」としみじみ感じながら上空でのタスクをこなし、5分ほどで地上に降りてきました。その後もウィンチのオペレーションをこなし一日目が終了しました。

12/9 早朝のランウェイからのの眺めは昨日とはまた違った美しさを見せていて、やはり「自分もいつかあそこまでグライダーで行ってみたい」と思わせてくれるものでした。二日目は昨日はしなかったウィンチ助手の仕事をしました。落ちてきたパラシュートから索を外し、パラシュートをたたんでリトカーにのせる作業でした。そのうちウィンチマンさんにお願いして索を引くところを助手席に座って見させてもらいました。索引きの仕方は想像していたよりも単純で少し驚きました。今まであまりウィンチマンに興味はありませんでしたが、ウィンチマンも楽しそうだなと思うようになりました。その他は昨日と同じようにオペレーションを行っていき、二日目が終了しました。

普段とは全く違ったオペレーションを経験することができた非常に良い合宿でした。これから関宿でもウィンチが導入される予定なので、ウィンチ曳航時のオペレーションを妻沼でしっかりと学び、これから始まる関宿でのウィンチオペレーションに生かしていこうと思います。

2018年9月29日 活動報告

Daiこと1年の福島です。遅くなりましたが、9月29日の航空部活動レポートをお送りします。

先月の29日は関宿にて合宿の予定でしたが、台風の影響でオペレーションは行わず、宿舎にてウィンチ導入の準備を行いました。
前の週も雨でランウェイが乾いておらずフライトをすることができなかったため二週連続で飛べなかったのですが、ウィンチオペレーションマニュアルの読み合わせや機材の準備など意味のある充実した活動ができました。
以下、活動の内容を報告したいと思います。

午前中はいくつかのグループに分かれ作業を行いました。
自分は逆リト用にオートバイのタイヤをホイールとゴム部分に分解することをしました。
一見単純で簡単そうに見えますがタイヤが小さかったためになかなか外すことが出来ず、大変でした。

同時並行で、他のグループはウィンチに雨風を防ぐためのカバーをかけていました。
ウィンチはとても大きいため、手こずっていた様子でした。

昼は全員でウィンチオペレーションマニュアルの読み合わせをしました。
ウィンチを操作するウィンチマンだけが情報を知っているのでは緊急事態の安全を確保できません。
オペレーション全体がウィンチについて理解するためのマニュアルだという事を頭に置きながら重要事項の確認をしました。

午後からは午前中同様グループに分かれて活動しました。
1年生は、切れた索を繋ぐ方法を共有し合いました。
前の週に方法を教わった1年細谷が他の1年に伝授し、最終的には全員ができるようになりました。

フライトはありませんでしたが、ウィンチ導入に向けた充実した活動ができたと思います。
ウィンチでのフライト、オペレーションが楽しみです!

2018年度新人戦 DAY6

本日は関東・西部地区から来た人のために、ジョイフライトが予定されていましたが、あいにくの雨により、またしてもノーフライトとなりました。木曽川滑空場には6日間 いましたが、そのうち4日は雨、そして競技フライトを実施できたのはたったの1日という例年では見られないことが起きたようです。

閉会式は15時から始めるということで、それまではミーティングルームで他大の人と話をしてました。今年の立命館大2年の3人はアメリカEstrellaに行き、ライセンスを取得していたということで、飛んでいた機体の話やそこでの環境などを伺いました。いつかライセンスを取得してから、アメリカやオーストラリアなど日本以外のさまざまな場所でも飛んでみたいと思いました。やはり、いろいろな人と話すと良いインスピレーションが得られます。

  Estrellaのフライトを見せていただきました

ミーティングルームで他大の人と話をしている時、理科大クロ(黒岩)さんから木曽川滑空場に到着したとの連絡が入りました。京都で行われていた学会帰りだったようですが、わざわざ立ち寄っていただきました。お疲れの中、本当にありがとうございました。

クロさんとRWY見学

さて、閉会式も開かれ、成績発表も行われました。私の順位は58人中28位というまずまずの結果でした。新人戦に勝つことが目的ではありませんが、後輩たちに残すことが出来るノウハウや他大からもらった資料など順位はともかく、得られた収穫は大きいものでした。

慣れないWTの中、28位は奮闘したのでは!?

木曽川に来て、多くの経験をしました。競技フライトでは、ウインチ曳航時に教官からの操作が入ったり、指定地着陸もロングしたり、思うようなフライトではありませんでしたが、予想以上に点が取れていました。採点内訳は公表されないので詳しくは分かりませんが、しっかりと高度と空中操作のプランニング&事前準備したことがよかったのかなと考えています。

また、地上でも、普段関われない東海・関西・西部地区の大学と交流し、その大学の活動滑空場の話を聞くと、いつかそこで飛んでみたいなぁ と感じました。

1週間、同じ場所で寝泊まりし、同じ釜の飯を食べ、一緒に近くの温泉に行き、フライトがイメージ通りにならないときにはお互い励ましあい、これでもか!!!!というほど、最高な空の仲間を増やすことができました。

忘れられない空の仲間たち

今回の大会は理科大として数年ぶりの参加で全くノウハウがなく、正直不安で仕方がありませんでした。1人のみの参加ということや慣れない学連方式、ウインチ経験が乏しいということでそのことがさらに不安を呼びました。しかし、そんな仲間たちからの励まし、皆さまからの声援、差し入れ、わざわざ訪問していただいたりしたことが何よりの励みになりました。

ここまで応援してくださった皆さまに感謝を申し上げるとともに、これからの活躍に乞うご期待ください。

活動報告」への1件のフィードバック

  1. Ralph & Hiro

    良いスタートがきれたみたいですね。
    満足できなかっとことが、収穫でしょう。

    Na***

コメントを残す