Narromine遠征 2017 延長編 Vol.3 Final

準備編、本編、延長編と3部作となりました。今年のNarromine Winter Session (WS )最後のデイレポです。
今現在、私Hiroは8/9~9/15にわたるWSを完了し、無事日本(成田空港)に帰国しました。デイレポFINALではナロマイン延長編最終日の様子をお伝えします。

まず、その前に昨日コメントをいただきました伊藤さん。メッセージありがとうございます!
私はつい最近まで学生であり、OBではありながら、まだまだ学生としての生活が続いております。今回のWSではこれまでとは少し違った立場で、学生の成長をサポートしながら僕自身も成長もすることができたWS でした。後輩たちの成長を感じることができるというのは、「部活」ならではの、なんとも言えない誇らしい感覚を覚えます。(これがインストラクターへの一歩なのでしょうか?笑)
信三さんとの2人きりの生活の最中には、馬鹿話から学問的な話まで、本当に様々な興味深い話を聞かせてもらえました。その中でも、最終日の昨日は、信三さんと伊藤さんという同期の話、さらに坂本さん、鈴木康一先生、平出さんらを含めた先輩後輩の現役当時の話を聞くことができ、いつの時代も同期や先輩後輩というものは変わらないのだなと感じました。脈々と続く、理科大航空部の歴史の一端を感じた瞬間でした。
今回のWS、エストレラ遠征も含め、たくさんのメッセージありがとうございました。また、お会いした際に、お土産話をさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします!

さて、ナロマイン延長編最終日の話です。
1つ前のデイレポでも予告しましたが、Nimbus4DMの主翼組みと曳航機モールのタイヤ交換を行いました。
初めて見るNimbus4DMの翼バラしと翼組みでしたが、信三さんはこれまで何度も1人で整備をしてきた経験があり、あれよあれよという間にNimbus4DMは元どおりでした。普通主翼の接続部は翼根のみですが、Nimbus4DMの場合は翼根と片翼2ヶ所の計5カ所あります。その都度点検を行いながら、グリスを塗って高さを調整して、接続となります。終わってみると、何機もの機体を組んだかのような感覚になりましたが、出来上がりは添付写真の通り、もちろん一機です(笑)

次に、曳航機のタイヤ交換。
実は裏話として、この交換するタイヤはWS本編中盤から注文していたのですが、Aussie Timeのせいもあってか、注文してから届くのに2週間ほど掛かってしまいました。
曳航機のタイヤの付け根をジャッキで上げ、タイヤからディスクブレーキを外し、シャフトのストッパーを取ったら、後は抜くだけ。スポッと抜けたタイヤでした。(添付写真)
そのあとは、タイヤの空気を抜いてチューブを外し、新しいタイヤにチューブを入れました。タイヤ交換なんて、自分の家にある自転車ぐらいしかしたことがなかったのですが、飛行機のタイヤ交換はなかなかダイナミックな力のいる整備でしたね。

その後は家に戻って、干した洗濯物ものなどを取り込んで、部屋の掃除機をかけて、ティータイム(^^)。それが終わってダボ空港に向かい、現在に至ります。

まとめとなりますが、今回のWSで、僕は大きく3つのインカムがありました。

1.実際の現場での整備を経験したことで、知識だけではなく創造力を駆使して整備にあたる面白さとパイロットとして整備を知ることの重要性を感じることができたこと。

2.競技形式の△周回タスクを必ず設定し、滞空時間だけではなく、「距離・スピード」を考慮して飛んだこと、さらにRalphとの「勝負」を取り入れ飛んだことで、Soaring TRG, XC TRGのやり方の一端を、学べたこと。

3.おにいちゃんずとして、後輩たちの成長をサポートし、マネージメントのTRGができたこと。そして、周りをマネージすることはセルフマネージメント能力をも向上させることだと学べたこと。

以上3つです。細かいものは他にもたっくさんありますが、どれも元を辿れば、この3つのテーマに分類できるのではないかと思います。
まあ、次回ナロマインにくる理由に「Nimbus4DMのソアリングがもっと上手くなりたい」というのができたWS だったのも1つですが笑

最後に、
これまでデイレポを読んでくださった方々、ありがとうございます。また、コメントやメッセージをくださった方々、中には十分な返信ができなかった方もおられるかもしれませんが、本当に我々の力となりました。ありがとうございます!
今後とも、東工理科の現役OBOGが一丸となって、我々自身の活動を盛り上げていきましょう。
それではまた、どこかの滑空場か宴会場にて!!笑

Hiro

Narromine遠征 2017 延長編 Vol.2

延長編No.2をお送りします。

今日はNimbus4DMの主翼をバラしました!!(添付写真有)
昨日のフライトの印象も鮮明に残る中、Nimbus4DMの翼をバラし、各部の点検を行いました。予定では、組みまでするつもりでしたが、プロペラブレーキのセンサー周辺の小さな部品の整備に時間がかかり、組みは明日に持ち越しです。(信三さんは、この際に、胴体の翼根が入る部分に身を屈めて長時間同じ姿勢で整備をしていて痛めた腰を休めるため、今日は早くにベッドに向かいました。本当にお疲れさまでした。)
写真でも様子がわかるかと思いますが、1つの翼が3つにも分解できるのが、Nimbus4DMなんですね。昨日飛んでた機体がこんな構造なのかと、とても興味深く観察していました。

さらに、今日のホットトピックはもう1つ!先ほどお伝えしたプロペラブレーキのセンサー周辺の部品を整備するために小さなアーレンキーが必要だったのですが、ハンガーに見当たらずダボまで買い物に行きました。そして、そこで昼食を摂ったのですが、なんと、お寿司を食べました!!
「Sushi Zen」というお店でダボのメインストリートに構えております。写真にもありますように、シャリは小さいですが、生のサーモンもあり、ウナギの蒲焼きまで出ていました。
スタイルは日本の回転寿司店の雰囲気そのまま。違いは経営者が韓国系で従業員もほとんど韓国系の人たちということ。それに一皿の値段が3豪ドル~5豪ドルと割高です。また、メニューは生のネタより、焼きものや揚げものが多かったです。
それでも、これまで1ヶ月以上日本を離れた生活をしている僕にとっては楽しいひと時でした(´∀`)

明日はついにナロマインを発つ日ですが、その前にNimbus4DMの主翼組みと曳航機モールのタイヤ交換がメインで待っています。最後の最後まで内容盛りだくさんのWinter Sessionになりそうです。
それでは、今日のうちに荷物のパッキングを済ませなければならないので、このへんで!

Hiro

Narromine遠征 2017 延長編 Vol.1

Winter Sessionは完了いたしましたが、今週の木曜日までナロマイン滞在を延長している理科大Hiroです。延長編では、主としてWinter Sessionの後片付けや追加の機体整備を行なっております。

さて、本日はというと、そのご褒美であるNimbus4DMでのフライトを行いました!

今回で3回目となるNimbus4DMフライト。

1番目の壁は「いつ飛ぶか」というプランニングでした。
延長編である9/10~14の間で1回のフライトを行うわけですが、どの日のどの時間帯が最も良い条件かを気象のもとに考えました。ちょうど今週は11日からトラフがオーストラリア大陸を横断し、本日12日にナロマインに最接近、13日にかけてナロマイン上空を通過するという予報。最終的に、今日(12日)か明日(13日)の2択になったわけですが、明日のサーマルの条件は今日より良いものの強風で離陸が出来ない可能性があり、今日ローカルでサーマリングの練習をすることに決めました。
実際に空を見て、肌で感じる今日の天気は、高層に巻雲が見えるものの、気温は暖かく、日射が強い印象を受けました。
今回は通常利用する、天気図やBLIPMAPの他に、「sky sight」というサイトを活用しました。アメリカやヨーロッパのグライダーパイロット界ではとても有名だそうで、通常BLIPMAPで見れる項目を30分刻みの細かい時間間隔で調べることができたり、地図上の地点を自由に選びそのコースの気象条件をグラフ化してくれたり、と立体的な気象の構造をイメージしやすいサイトです。
(残念ながら、sky sightは日本の地域には対応していないようですが、将来的にこのようなシステムが日本でも使えるようになるといいなと思いました。)

2番目の壁は予想以上にしぶ~いサーマルでした。Winter Session本編でも、難しい気象条件は多くありましたが、今日もそれに匹敵するほどの難しさでした。
昼の12時時点でナロマイン周辺のサーマルトップは4000ft弱。風は北北西から15kt(地上)、上空はさらに強く、サーマルも風に流されて、なびいてしまっている様子でした。(OLCを見るとサーマリングで流されているのも一目瞭然です。)
タスクとしてはナロマインから10km地点を北と西に取り、その三角形を周回するというもの。一周目はまだサーマルがしっかりしていない部分もあり、信三さんが三角周回を一周し手本を見せてくれ、その後、条件が改善した二周目を自分で操縦しました。
まあ、結果はOLCを見てください(ToT)
もちろん、飛行経験10,000時間以上のパイロットと、たかだか100時間弱のパイロットという差はあるわけですが、こうもはっきり出てしまうととっても悔しいのが人間の性ですね、、笑

今日のインカムは強風時のサーマルの構造をイメージするということです。風が強いとき、サーマルコアの周辺になびいたプラス帯ができます。今日はそのなびいたところばっかりで旋回してしまい、上昇率がイマイチとなってしまいました。コアとそれ以外のプラスという区別ができ、サーマルの構造をイメージできれば、自ずと、機体の進行方向とその時の風向きによってもセンタリングの仕方が変わります。一様ではないサーマルというものを、その時の気象状況を考慮して、コアに寄せるトレーニングが必要だと痛感しました。(まずは今日の条件を復習して早速イメトレで鍛えたいところです。)

Hiro

Narromine遠征 2017 帰国!

シープドッグのJunです!Narromine Winter Session 2017、学生6人全員無事羽田に到着しました!

羽田到着時にTomokaがiPhoneを機内に忘れてしまったようで(現在捜索中)残念ながら記念撮影は欠席ですが全員疲れているながらも元気に帰国しました。
フライトがDay-1からDay-15までの15日間、出国入国Day-0を含めて18日間一時も離れず一緒に過ごしたことは間違いなく強い絆を育んでくれました。18日間大きな問題もなく、皆それぞれが自分の目標に対して結果を残せたのは良きチームであったからだと思います。

このチームで得た経験がこの先も、そしてチームばかりでなく航空部全体の為に活かせるよう勢力的に活動して参ります!

Jun

Narromine遠征 2017 DAY15

Day-15のデイレポをお送りします。
本日はWinter Sessionの最終日です!

航空部1年yukiがday15, アディショナルフライトの様子をお送りします。
今日の私のタスクはAll I Haveでした。要するに後席に如何に操縦桿を握らせないかが今日のタスクということです。結論から言えば、最後のフレア直前までI have出来たようです(要所要所で操縦桿が動いた気がしたのですが真偽は闇の中)。
日本で2回しか飛んでおらず操縦桿を握ったことはほぼ無いに等しい状態から、この2週間でここまで来るとは。随分成長出来たと自分でも思います。私はまだまだソロに出る技量も経験もありませんでしたが、この遠征でそのことを頭の隅に置けるようになり、グライダーに対する姿勢が多少なりとも変化したのは私なりの大きな成果でした。

Yuki

理科大2年のMotzmaです。今日でNarromine Winter Sessionは終わり、学生6人は帰国の途につくことになります。今はシドニー空港でデイレポを書いています。
思えばナロマインに来たのはたった2週間前、目標はソロと掲げたものの、内心では夢のまた夢だと思っていました。ところが途中でAll I haveのフライトをしたあたりから自信がつきはじめ、気づくと単座機に乗っていました。Day13のデイレポにも書きましたが、自分の技量ではソロにはまだ遠いと勝手に思っていた壁を壊せたのが今回の最大の収穫でした。これからももっともっと空を楽しんで鳥に近づいていきたいです。

Motsuma

理科大Hiroです。
Studentsたちは無事、ダボからシドニー空港に到着し、今は羽田に向けた空の上にいます。
今回のたくさんの成果を噛み締めながら、ぐっすり寝ているのではないでしょうか笑
僕は、この2週間のみんなの成長をそばで見ていましたが、圧倒的な成長度でしたね!!日本でもこの調子で東工グライダー部理科大航空部を盛り上げてください。
毎日のデイレポにて、ご声援やアドバイスをくださった学生やOBOGの皆様、本当にありがとうございました。皆様の言葉がStudentsたちの大きな励みとなっていたようです。そして、今回のみんなの成果につながりました。今後もStudentsたちの応援をよろしくお願いいたします。
今回のNarromine Winter Sessionにおける、ハンガーオープンからハンガークローズまでのフライトオペレーションは無事全て終了しましたが、Studentsが日本に無事帰国するまでがWinter Sessionですので、帰国の報告を待つばかりです。
おにいちゃんず(Ralph, 僕)とHiroshiさんは、まだナロマイン滞在中で、余韻を楽しんでおります(´∀`)
それでは、また!

Hiro

*添付写真はWinter Session2017最後の集合写真です。信三さんはこういう時はいつもカメラマンに徹しているんですよね~。(なぜでしょうかね~~笑)

Narromine遠征 2017 DAY14

Day-14のデイレポをお送りします。
本日は新たに2人のFIRST SOLOがありました!!

↓1人目はSo-chanから。↓

こんばんは。東工大2年のSo-Chanです。おめでたいご報告があります!
本日、9月8日First Soloに出ることが出来ました!今回の遠征で3人目となりました。とても幸せな気分です。
ここ数日、静穏な時間帯で自分がフライト出来るよう、8時にLaunchして、その1発目を自分に回すスケジュールを仲間たちが組んでくれました。21時就寝、5時20分起床を繰り返して、グライダーのことだけを考える生活をしています。支えてくれる仲間たちに感謝の気持ちで一杯です。
上空では1人なんだと感じて興奮したり、少し寂しい気持ちになったり。Landing後はみんなが駆け寄って来て、達成感、安心感が込み上げてきました。記念すべき36発目になりました。
関宿、妻沼で少しは立派になった?姿をお見せしたいと思っています。お土産話一杯ありますよ!

東工大2年 井藤 蒼一郎

↓2人目はSotaから。↓

Sotaです。
ナロマインに来てから、飛行経験の豊富なJun,Motzma,So-chanのソロへ向けた想いを聞くうちに「自分もいつかはソロへ出たい。それもこのナロマインで!!」と感じていました。
飛行経験が浅い自分が1人で飛べるようになるにはどうすればよいのか。
自分が導き出した答えは「誰よりもイメージフライトを行う」ということでした。
「実際のフライト1回につき、イメージフライトは10回やりなさい。」
というShinzoさんのアドバイスがありましたが、
自分は「それでは、彼らに追い付けない。どうせなら彼らのフライトのノウハウを盗んで、それを糧にイメージフライトを100回くらいやれば、1年差の飛行経験なんてすぐ埋まる。」
そう考えて、毎日毎日ゲストハウスの庭に出て、誰よりも長くイメージフライトをこなして来ました。(その為、Shinzoさんからは『イメージフライトの鬼』なんて言われたり…)
そして、ついに本日、9月8日
私,Sotaは初ソロフライトに出ることができました????
ナロマインに来てからは「1人で飛んでいる」という意識で飛んでいましたが、この初ソロでは「インストラクターが後ろに乗っている」という意識で飛ぶことで、ビックリするほど冷静にかつイメージフライト通りに地上に戻って来ることができました。
また、イメージフライトの効果は絶大で、テイクオフからランディングまでほぼ満足のいくフライトができました。
ここまで来るためにお世話になった、家族や友人、Shinzoさんを初めとしたインストラクターの方々、部活の仲間たちに改めて感謝を申し上げたいと思います。

本当にありがとう。

そして

これからの目標

それは

「全国大会優勝」

これに尽きます。

以上

理科大1年 山田奏汰

Narromine遠征 2017 DAY13

Day-13のデイレポをお送りします。

まずは、Tomokaから。

ささきちゃん、コメントありがとう。ナロマインでの生活は仲間のおかげもあって毎日楽しいです!!みんなのお土産話しをするのが楽しみです!
Tomoka

次は、Motsumaから。

Naokiさん、
Naokiさんのお帰りの次の日に初ソロに出ちゃいました。離陸から着陸までのすべてを自分でコントロールするのがこんなにも責任が重く、そして楽しいものだとは思いませんでした。
津久井さん、
自分では初ソロより2ndソロの方が落ち着いて飛べた気がします。逆に初単座では上空で少し焦ってしまったので、これから冷静に判断できるようになっていきたいです。
Minoさん、
「初ソロはすぐ浮くよ」と話には聞いていましたが、実際にふわっとエアボーンした瞬間「楽しい!!」と叫んでいました。ソロ直前はMinoさんのお察し通り、「行ってこい」と言われたのが何に対しての「行ってこい」なのか確認する間もなく「行ってくる」と答えていたので、根拠のあるようなないような自信があったのだと思います。
Gishiさん、
グライダーと向き合うというか、Day8にAll I haveのフライトをしたのが大きな転換点だったと思います。「自分でも一通りできるんだ」という大きな自信になりました。
Johnsonさん、
シャウトの写真ではみんないい笑顔ですが、私は機体が停止した瞬間は結構大泣きしていましたよ…。最もJunは違ったようですが。
Kuroさん、
デイレポにもにも書きますが、今日アステアデビューしました。ソロフライトの後に視界が一気に開けた気がします。
Yumiさん、
やはりソロの味は最高です。後ろにインストラクターがいないだけでこんなに気分が違うとは思いませんでした。

今日はJunと二人で単座機デビューしました。
安定性が高いといわれているASK 21と違い、今日乗ったアステアは舵の感覚がものすごく軽かったです.特にラダーがとても軽いので、普段は内ラダーが足りずにSlip気味のフライトになりがちな私でさえ最初はSkid気味の旋回になってしまいました。出発前に「30分飛んで来い」と言われたので離脱後は自分なりにサーマルを探したりしてみたのですがうまく見つけることができず、2旋転ほどでEntry pointに入ることになってしまいましたが、2400ft前後まで高度が落ちてからは着陸に専念するように意識を切り替えられたので、その後がうまくいったと思います。場周から着陸は、ベースでサーマルがあったので軽くダイブを開いて高度を落とし,第4旋回も軸線ほぼぴったりに合わせることができました。初めての機体にしてはフレアもうまく決まったので着陸に関しては及第点ですね。
初ソロの2日後にもう単座という、日本ではあまり考えられないハイペースで単座機に乗りましたが、遠いと思って自分で勝手に壁を作っていた世界が思ったより近かったことを知れたのは今回Narromineに来ての大きな収穫でした。壁を壊すのに必要だったのは、自信と少しの思い切りだったと思います。ここからの道のりこそが長いことは分かっていますが,一人前のグライダーパイロットに少しでも近づいて行きたいです。でも今はもう少し単座で飛びたい。
Motsuma

最後は、Junから。

東工大2年のJunです。本日は3rdソロと同時に初単座フライトを達成しました。
機種はGlob G102 Club Astir ?Vb。
初ソロは当日の発航順の関係でMotzmaに僅かに先を越されてしまいましたが、今日は同じ理由で僕が僅かに先のフライトとなりました。

昨日のシート慣熟からコックピットの広さがとても印象に残っていましたが、実際のフライトでもシートの広さを始めとして、舵の軽さ、ダイブの効き等、とにかく乗りやすい機体で初めての単座というのもあって愛着がわきました。

自分は初ソロに出てからこちらまだ2日での初単座フライトとなりました。今まで新しい機体に乗ることがあっても当然複座で、後席には頼れるインストラクターの方がいらっしゃる中でのフライトですので不安感はあまりありませんでした。しかしソロで単座である以上、フライトの間頼れるのは自分だけ。初めての機体で何かトラブルに遭遇することがあっても自らで対処しなければならないという事にフライト前は多少の緊張を感じていましたが、いざ飛び出してしまえば単座の軽さと新しいステップに踏み出せたことでの楽しさで一杯のフライトでした。ダイブブレーキの効きを確かめながらのファイナルアプローチ(Astirのダイブは非常によく効くので結果的にすごく楽に着陸できました)等、初めての体験は凄く刺激的でした。

前回(初ソロ)のreportへのコメントありがとうございます。明日MealOfficer(食事調達)である関係もあって、時間が取れず個別に返信できません。ごめんなさい。数々頂いた励ましの言葉大きなモチベーションになりました。
なんとか単座までたどり着いたので、残り少ないWinterSession、学べるだけのことを学んで日本に帰りたいと思います!
Jun